キッチンをリフォームするタイミングとは?ベストなタイミングを紹介します!

「どのタイミングでキッチンをリフォームするべきなのかがわからない」
このように思っている方はいませんか。
そんな方に向けてこの記事ではキッチンをリフォームするべきタイミングを解説します。


キッチン リフォーム 交換 時期 お勧め

□キッチンの耐用年数とリフォームのタイミング


耐用年数はキッチンの使用頻度や掃除具合にもよりますが、おおよそ10年~20年です。
キッチンが寿命を迎えたらリフォームするべきですが、その他にもリフォームを検討するべきタイミングがあります。
それは以下の3つです。

・古いキッチンをリフォームしたくなったとき
・設備や機器に不具合が生じたとき
・使い勝手が悪いと感じたとき

1つ目は古いキッチンをリフォームしたくなったときです。
最新の機能が備わっているキッチンをカタログで見ていると、「こんなキッチンを使ってみたいな」と思うことってありますよね。

それは今使っているキッチンに満足できなくなっているサインです。
最新のキッチンに魅力を感じたときがリフォームするタイミングと言えるでしょう。

2つ目は設備や機器に不具合が生じたときです。
排水がつまったり、レンジフードから異音がしたりしたらキッチンのリフォームを検討するべきタイミングです。

たとえ1部分の不具合しか発生しなくても、全体的に老朽化が進んでしまっていると考えて良いでしょう。
設備の不具合が目立つようになってきたら、キッチンリフォームを検討しましょう。

3つ目は使い勝手が悪いと感じたときです。
皆さんはキッチンの高さがあっていないと感じた経験はありませんか。
このように、キッチンの使い勝手に違和感を抱いたら、キッチンのリフォームを検討しても良いかもしれません。

キッチン 取替時期 おすすめ

□キッチンのリフォームは後回しにしてはいけない!


これまで、キッチンをリフォームするべきタイミングについてご紹介してきましたが、リフォームを後回しにしてしまうと、トラブルが発生することがあります。
ここからはリフォームを後回しにした結果、どのようなトラブルが起こってしまうのかを解説します。

・床の腐敗が進む
・家電の故障

1つ目は床の腐敗が進むことです。
キッチンにリフォームのサインが出ているにもかかわらず、リフォームを後回しにしてしまうと、床がきしんだり、床材や壁材の塗装が剥げたりしてしまいます。

2つ目は家電の故障です。
家電に不具合が生じているのに、放置していると当然家電は故障してしまいます。
クッキングヒーターや食器洗浄乾燥機のようなビルトイン機器が故障してしまうと、修理にコストがかかってしまいます。
家電に関しては特に注意を払っておきましょう。

□まとめ


キッチンをリフォームするべきタイミングを紹介しました。
サインを見逃してしまうと、後々修理やリフォームにコストがかかってしまいます。
できるだけ早くタイミングを察知し、リフォームを行うようにしましょう。


尚、弊社では毎週土曜日に屋根外壁リフォームセミナを開催しております。

そろそろの方も、これからの方も、今後の屋根外壁リフォーム計画の参考していただける内容になっておりますのでご関心のある方はお気軽にご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。
 

フォーシンク出雲について

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

セミナー・イベント情報

商品ラインナップ

お役立ち情報

ブログ

お問い合わせ

こちらもご覧ください