住宅エコリフォーム推進事業

ZEHレベルの高い省エネ性能リフォームで補助金をもらえるチャンス

フォーシンクでもはじめました

住宅エコリフォーム推進事業がスタート

装飾
装飾
装飾

せっかくリフォームするなら使わないと損

いま、リフォームすると補助金がもらえる

もらえる補助金の対象額はこちら

  • 戸建て住宅 最大51.2万
  • 共同住宅 最大2,500円/㎡
  •  マンション 最大3,700円/㎡
5分でわかる補助金のコト

住宅エコリフォーム推進事業とは?

カーボンニュートラルの実現に向け、住宅ストックの省エネ化を推進するため、住宅をZEHレベルの高い省エネ性能へ改修する取組に対して、国が直接行う支援制度です。もらえる補助金は、戸建て住宅で最大51.2万円、共同住宅で最大2,500円/㎡、マンションで最大3,700円/㎡です。

住宅エコリフォーム推進事業5つのポイント

  • Point1 写真

    Point1

    ZEH仕様基準の、レベルの高い
    省エネ性能への改修

  • Point2 写真

    Point2

    2ヵ所以上の開口部(窓や玄関など)
    の改修工事から申し込み可能

  • Point3 写真

    Point3

    戸建住宅の補助上限は
    512,700円

  • Point4 写真

    Point4

    改修箇所によっては、こどもみらい
    住宅支援事業を上回る補助額

  • Point5 写真

    Point5

    申請は事業者登録を行った
    事業者のみ

  • 装飾
    装飾

    住宅エコリフォーム補助金のご利用や
    申請に関しましては

    フォーシンクにお気軽にご相談ください!

改修の条件にあるZEH仕様基準ってなんだろう?

一言でいうと「エネルギー収支をゼロ以下にする住宅」です。
国が定めた基準で、これを満たすには、「断熱性能」「省エネ性能」「創エネ」の3つの要素が必要で、それぞれにクリアすべき基準が設定されています。
ZEH:net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略語

こんなリフォームで補助金がもらえます 補助金対象の一例

窓・ドアの断熱リフォーム

戸建て住宅の場合

窓改修

窓改修 内窓設置、外窓交換
補助金額
最大
一か所 25,800

ドア改修

ドア改修
補助金額
最大
一か所 39,800

エコキュート取替+高断熱浴槽リフォーム

戸建て住宅の場合

エコキュート取替

エコキュート取替
補助金額
最大
一か所 27,900

高断熱浴槽取り替え

高断熱浴槽取り替え
補助金額
最大
一か所 40,100

外壁・屋根の断熱リフォーム

戸建て住宅の場合

外壁の断熱改修

外壁の断熱改修
補助金額
最大
一か所 31,300円/㎡

屋根または天井の断熱改修

屋根または天井の断熱改修
補助金額
最大
一か所 12,500円/㎡

※ 令和4年9月7日版 国土交通省発行の開口部の断熱改修のモデル工事費をもとに、モデル工事費× 補助率(戸建住宅等︓11.5%)で算出。実際の工事費がモデル工事費より安い場合は補助額も低くなります。申請するには補助額合計が5万円以上であることが条件です。令和4 年9月26日時点の情報です。本事業の内容は変更の可能性があります。ご利用にあたっては必ず本事業者までお問い合わせください。

補助額の計算方法

全体改修省エネ改修工事費× 補助率

建て替え省エネ改修工事費相当額× 補助率

内窓設置工事の補助額の例

工事費225,000 円×11.5%=25,800 円(端数除く)

補助率について

省エネ診断・省エネ設計等
の補助率

民間実施:1/3

公共実施:1/2

省エネ改修(建替え含む)
の補助率

民間実施:戸建て
住宅等
11.5%

民間実施:マン
ション
1/6

公共実施:11.5%

国の補助率が11.5% の場合の国からの補助率限度額

建物の種類ZEHレベル
戸建て住宅512,700円/戸
共同住宅2,500円/㎡
マンション3,700円/㎡

マンションについての条件…マンションは下記を満たしたものに限る

● 耐火建築物又は準耐火建築物の共同住宅であること

● 延べ面積が1,000 m2 以上であること

● 地階を除く階数が原則として3階以上であること

● 申請される補助額の合計が5万円未満(診断のみの場合1万円未満)は対象外です。

● 計画的な耐震化を含み、改修後の耐震性確保が必要です。

● 令和6 年度末までに着手、改修によりZEH レベルへの省エネ性能の向上が必要です。

補助率対象の要件

対象の要件

省エネ診断性能の証明書取得費用など

省エネ設計等設計費用など

省エネ改修
(建替えを含む)
開口部・躯体等の断熱化工事、
設備の効率化に係る工事

対象断熱レベル全体改修または建替え
住宅ZEHレベル
全体改修

断熱等性能等級5かつ一次エネルギー消費量等級6となるもので
BELS 等の第三者評価の認証を取得するもの部分改修
※再生可能エネルギーの導入は要件としない

建替え

断熱等性能等級5かつ一次エネルギー消費量等級6となるもので
BELS 等の第三者評価の認証を取得するもの部分改修
※再生可能エネルギーの導入は要件としない

対象建物が建替えであることを証明する所定の書類を提出できるもの

部分改修
必須工事

必須工事と併せて実施する❶❷の工事
ZEH 仕様基準を満たす躯体の断熱改修工事
下記設置の高効率化工事


太陽熱利用システム

ヒートポンプ・ガス瞬間式併用型給湯機(ハイブリッド給湯機)

電気ヒートポンプ給湯機(エコキュート)

潜熱回収型石油給湯機(エコフィール)

潜熱回収型ガス給湯機(エコジョーズ)

燃料電池システム(エネファーム)

高断熱浴槽

浴室シャワーの節湯水栓

蓄電池

LED証明

ガスエンジン・コージェネレーション

Q.「こどもみらい住宅支援事業」 との違いは?

こどもみらい住宅支援事業との主な比較

こどもみらい住宅支援事業住宅エコリフォーム推進事業
予算1,142 億円住宅・建築物カーボンニュートラル
総合推進事業(200 億円)の内数
補助形態補助金補助金
事業者登録必要(事務局HPにて登録)必要
(デジタル庁運営のjGrants にて登録)
申請者事業者(施工業者・販売事業者)
※補助金は住宅所有者へ還元が必要
事業者(施工業者・買取再販業者)
※補助金は住宅所有者へ還元が必要
対象工事・注文住宅の新築
・新築分譲住宅の購入
・リフォーム
・建替えによる新築に限り対象
・全体改修
・部分改修
部分改修
対象工事
・窓、ドア断熱改修
・外壁、屋根・天井または床の断熱改修
・エコ住宅設備設置
・子育て対応改修
・バリアフリー改修
・空気清浄機能・換気機能付きエアコン設置
・耐震改修
・リフォーム瑕疵保険へ加入
・窓、ドア断熱改修
・外壁、屋根・天井または断熱改修
・エコ住宅設備設置
(こどもみらい時から対象設備の変更あり)
・省エネ診断
・省エネ設計 等
新築補助額60 ~ 100 万円/戸戸建て住宅︓最大 512,700円/戸
共同住宅 ︓最大   2,500円/㎡
マンション︓最大   3,700円/㎡
リフォーム補助額最大30万円
(条件を満たすと60 万円)
住宅・建築物カーボンニュートラル
同上
リフォームの申請可能補助額1申請あたり5万円以上1 申請あたり5万円以上
(診断のみの場合は1 万円以上)
Point

対象工事として「部分改修」と
全体改修・建替え」があります。

部分改修は2 ヵ所以上の開口部をZEH の基準に満たす改修工事が必須です。
また、それに合わせて躯体等の断熱改修工事、設備の効率化工事が対象となります。

既存住宅の省エネ改修のイメージ

開口部の断熱改修工事必須工事

複数の開口部についてZEH 仕様基準を満たすよう改修
  • 窓ガラスの交換
  • 内窓設置・外窓の交換
  • 内窓設置・外窓の交換

開口部の断熱改修工事

複数の開口部についてZEH 仕様基準を満たすよう改修

スケジュール

項目スケジュール
事業者登録受付令和4914日 ~
令和41216日(予定)※1
登録事業者の
公開
事業者登録後随時
交付申請受付令和4914日 ~
令和5113日(予定)※1
完了実績報告
の申請期限
令和41012日 ~
令和5228日(予定)※1

※1…締切は予算の執行状況に応じて公表します。

手続き時期

手続き時期・スケジュール

※本事業の具体的な内容、最新情報については、国土交通省公式ページをご覧ください
●住宅エコリフォーム推進事業実施支援室ホームページ
URL: https://ecoreform-shien.jp/

まずはお気軽にお問い合わせを

住宅エコリフォーム推進事業は一見すると難しく、適用できるかどうかも
お客様の状況や条件によって異なります。

まずは住宅のプロの私たちにご相談ください。

皆様がお得に各種工事を行えるよう、
お客様おひとりおひとりにとって最適なプランを
ご提案させていただきます。

装飾