リビングに収納スペースがあると快適?リビングに必要な収納量について紹介!

リビングにもっと収納スペースがあれば、と後悔している方はいませんか。
今回はそんな方向けに、リビングの一般的な広さを基に、リビングに必要な収納量について紹介します。
ご参考になれば幸いです。
リビング 収納 大きさ 必要 量

□快適なリビングの広さについて紹介!


まずは住居の広さの平均とリビングの広さについて、2つのケースから紹介していきます。

*首都圏で新築戸建てを建てたケース


このケースの平均は、建物自体の大きさが99平方メートルで、お子さんがいるご家庭だと99.3平方メートルです。
また、リビングの広さは、どちらのご家庭も20畳ほどのリビングダイニングを作ることが可能です。
3LDKや4LDKなどの部屋数を多くしたい場合でも、12畳から16畳ほどはリビングダイニングの場所を確保できます。

*首都圏で新築マンションを建てたケース


このケースは、マンションの占有面積が67.3平方メートルで、お子さんがいるご家庭は72.3平方メートルです。
また、リビングの広さは、12畳から16畳ほどのリビングダイニングを確保できます。

□リビングに必要な収納量について紹介!


平均的なリビングの広さを紹介したところで、リビングには欠かせない収納について考えていきましょう。
リビングの広さを踏まえて、収納を考えることでイメージが湧きやすいです。

リビングに必要な収納量を考える際に、考えなければならないことは主に2 つです。
リビング 収納 大きさ 必要 量

1つ目は、収納をどのように使うかを、シミュレーションすることです。
ひとえに収納と言っても、収納の仕方にはさまざまな方法があります。
例えば、見せる収納にしたいのか、全てしまうのかという選択をしなければなりません。
そのため、自分好みの収納方法を見つけることが大切です。

2 つ目は、リビングの収納の広さについてです。
先ほど、マンションの場合でも戸建の場合でも、平均的に12畳から16畳はリビングの広さを確保できると紹介しました。
これを考えると、リビングの余った部分を全て収納にしようと考える方がいるかもしれませんが、それはあまりお勧めできません。

その理由としては、リビングで使うものを収納しておく場所としないと、生活動線や家事動線が悪くなる可能性が高いからです。
そのため、リビング収納はシミュレーションをした上で最適な広さを隠しましょう。
リビング 収納 大きさ 必要 量

□まとめ


今回は、リビングの収納スペースについて紹介してきました。
実際に、リビングの収納スペースは広すぎても狭すぎても良くないという難しい箇所ですが、不安点があれば当社のようなプロに相談しながら行っていきましょう。
ぜひ、リビングの収納スペースを上手く活用して、快適な生活を送ってください。


尚、弊社では毎週土曜日に屋根外壁リフォームセミナ-を開催しております。

そろそろの方も、これからの方も、今後の屋根外壁リフォーム計画の参考していただける内容になっておりますのでご関心のある方はお気軽にご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。
 

フォーシンク出雲について

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

商品ラインナップ

お役立ち情報

ブログ

お問い合わせ

こちらもご覧ください