キッチンが使いにくくて困っている方必見!キッチンリフォームで悩みを解消しましょう!

「今使っているキッチン、使いにくいな」、「そろそろ新しいキッチンにリフォーム」と悩んでいる方もいるでしょう。
キッチンは毎日使うものなので、少しの不満であったとしても、日々のストレスが蓄積されていきます。

そこで今回は、キッチンのリフォームについて紹介します。

□キッチンのリフォームの基礎知識とは


キッチンには、形や向きによって様々な種類があります。
それぞれの特徴は、把握しておくべきでしょう。

形による違いを大まかに紹介します。


1つ目は、I型キッチンです。
 これは、コンロ、調理台、シンクが横に一列に並んでいるキッチンです。
最もオーソドックスなタイプと呼べます。
システムキッチン 型 I型

2つ目は、L型キッチンです。
 これは、コンロとシンクが直角になっており、上から見たときにキッチンがL字状になっているものです。
 キッチンの中での機動性に優れています。
システムキッチン 型 L型

3つ目は、セパレート型です。
 これは、コンロとシンクを別に配置したものです。
上から見ると、二列に並んでいる形状です。
 作業スペースが広くとれるメリットがあります。


4つ目は、アイランドキッチンです。
 これは、キッチンの両側が壁から離れた状態になったものです。
キッチンの両側からで出入りができるので、複数人での調理がしやすいです。
システムキッチン 型 アイランド型


5つ目は、ペニンシュラキッチンです。
 アイランドキッチンの片側が壁についている形状です。
アイランドキッチンは、壁とキッチンの間の通路を確保する必要があります。
ペニンシュラキッチンでは、通路分のスペースがいりません。

□キッチンリフォームでの注意点とは


注意点を2つ紹介します。

1つ目は、ライフスタイルに合わせて考えることです。
 来客が多い家庭の場合、キッチンでわいわい楽しみたいのか、キッチンでは調理に集中したいのかによって選ぶキッチンの形状は変わるでしょう。
 キッチンをどのように使いたいのか、家族で話し合っておくことが重要です。


2つ目は、コンセントです。
 キッチンには、多くの家電を置くでしょう。
その場合、コンセントの位置や数をしっかり確認しておく必要があります。

 例えば、電子レンジやコーヒーメーカーなどは、床から1メートルほどの位置にコンセントがあったほうが良いでしょう。

 家電によってコンセントの位置などは変わります。
確認漏れがないようにしましょう。

□まとめ


今回は、キッチンのリフォームについて紹介しました。

キッチンの使い心地や見た目が変わると、生活はより楽しくなるでしょう。
失敗のないリフォームをして、快適な生活にしましょう。


尚、弊社では毎週土曜日に屋根外壁リフォームセミナを開催しております。

そろそろの方も、これからの方も、今後の屋根外壁リフォーム計画の参考していただける内容になっておりますのでご関心のある方はお気軽にご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。
 

フォーシンク出雲について

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

商品ラインナップ

お役立ち情報

ブログ

お問い合わせ

こちらもご覧ください