お風呂のリフォームをお考えの方へリフォームの流れを紹介します!

お風呂のリフォームを考えているけれど、実際にどのようにやるのかしっかり想像できる方は少ないでしょう。
「リフォームってどんな流れなの」、「初めにどのようなことを意識すればよいの」という疑問も出てくるでしょう。

そこで今回は、お風呂のリフォームの流れと初めにすべきことについて紹介します。
浴室 リフォーム 期間 注意点 在来浴室 システムバス

□お風呂のリフォームの流れとは


お風呂のリフォームの流れは大きく6つに分けられます。


 1つ目は、注文です。
ご相談などを受け、内容に満足いただけたら、注文します。
マンションにお住まいの方は、早めに工事時申請書をもらいましょう。
規約によっては、工事の3~4週間前の提出が必要な場合もあります。


 2つ目は、図面作成です。
お客様の申告していただいた内容に基づいて、図面を作成します。



 3つ目は、現地調査です。
お客様の希望日に合わせて現地調査を行います。
注文いただいた内容で設置できるのか、追加工事が発生するのかなどを確認します。
これが終わると、最終の見積書ができます。


 4つ目は、商品取り寄せ期間です。
見積書の内容を確認し、正式に注文をいただきます。
商品の納期が確定し、工事日を決定します。


 5つ目は、工事開始です。
工事前に近隣住民への挨拶は済ませておいた方が良いでしょう。


 6つ目は、完成です。
 工事が完了したら、しっかり確認しましょう。
不明点やご不満がある場合は、その場で言っておきましょう。

□初めにどのようなお風呂にしたいのかイメージしよう


大まかにお風呂のリフォームの流れを紹介しましたが、まず初めにやることは、イメージを固めることです。

イメージを固めるうえで、何に困っているのか、困ってはいないができたほうが良いことの2点を意識すると良いです。

まず、困っている点だと、「冬場お風呂が寒くて、湯船につかるまでつらい」、「おいだき機能などがなく、最後に入る場合寒い」、「浴槽や床がすべりやすい」などが挙げられるでしょう。
浴室 リフォーム 期間 注意点 在来浴室 システムバス

次に、できたほうが良いこととしては、「洗濯物をベランダまで干しに行くのが大変なので、浴室乾燥が欲しい」、「寒がりなので、浴室に暖房が欲しい」などです。

これらの意見を家族で出し合って要件に合うリフォームを見つけるのが良いでしょう。

□まとめ


今回は、お風呂のリフォームの流れと初めにすべきことについて紹介しました。
上記で紹介したことを参考により良いお風呂のリフォームをしましょう。

何か不明点がありましたら、ぜひ当社にご相談ください。

浴室 リフォーム 期間 注意点 在来浴室 システムバス


尚、弊社では毎週土曜日に屋根外壁リフォームセミナを開催しております。

そろそろの方も、これからの方も、今後の屋根外壁リフォーム計画の参考していただける内容になっておりますのでご関心のある方はお気軽にご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。
 

フォーシンク出雲について

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

セミナー・イベント情報

商品ラインナップ

お役立ち情報

ブログ

お問い合わせ

こちらもご覧ください