外壁のリフォームをご検討中の方へ!外壁のアクセントのつけ方をご紹介!

「外壁におしゃれなアクセントをつけたい」
そうお考えの方はいらっしゃいませんか。
外壁は色を2色以上に分けることでアクセントをつけられます。

そこで今回は、おしゃれなアクセントをつけるための色やデザイン選びのコツと外壁での色分けの事例を紹介していきます。
ぜひ参考にしてください。

□おしゃれなアクセントをつけるための色やデザイン選びのコツをご紹介!


家の色を2色以上に分けて、家にアクセントをつける際にお考えいただきたいのが、ベースにする外壁の色とアクセントにする外壁の色のバランスについてです。
アクセントをつける際には、色の彩度や明度に気を付けましょう。
彩度というのは色の鮮やかさ、明度は色の明るさのことです。

明度の高い色と低い色を組み合わせるとモダンな印象になり、明度の高い色同士を組み合わせると上品な印象、明度の低い色同士ならば高級感のある印象になります。

また、彩度が高い色と低い色を組み合わせることで華やかな印象を与えることもできます。


□外壁での色分けの事例をご紹介!


上下や左右での色分け、出っ張っている部分の色分けなど、色分けにはさまざまな事例が存在します。
それぞれ具体的に紹介していきます。

*上下に色を分ける事例


上下での色分けは、1階と2階で色を分けることがおすすめです。
1階部分に明度の低い色、2階部分に明度の高い色を置くことで重厚感のある家に見せられます。
重厚感のある家は広々として見えますよね。

また、逆に1階部分に明度の高い色、2階部分には明度の低い色を持ってくるといった事例もあります。
2階に明度の低い色を持ってくることで、色がより目立ちおしゃれに見せられますね。

*左右に色を分ける事例


左右に色を分けると色を入れた部分にアクセントが生まれ、スタイリッシュな印象をもたらすことができます。
また工夫次第では、外装を洋風にも見せられますね。

*出っ張っている部分の色を分ける事例


出っ張っている部分の色分けというのは、少し想像しにくいかもしれません。
具体的には、ベランダ部分のみの色分けなどを指します。
家全体の色を変えたくはないが、ワンポイントアクセントを入れたいという方におすすめです。

□まとめ


今回は、おしゃれなアクセントをつけるための色やデザイン選びのコツと外壁での色分けの事例を紹介しました。
当店では、地域に根差した活動を通じて快適な環境づくりに貢献しています。
何かお困りごとがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。


尚、弊社では毎週土曜日に屋根外壁リフォームセミナを開催しております。

そろそろの方も、これからの方も、今後の屋根外壁リフォーム計画の参考していただける内容になっておりますのでご関心のある方はお気軽にご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。
 

フォーシンク出雲について

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

セミナー・イベント情報

商品ラインナップ

お役立ち情報

ブログ

お問い合わせ

こちらもご覧ください